生理中は脱毛しても良いの?

生理中は脱毛しても良いの?

生理中は脱毛しても良いの? 生理中は脱毛をしない方が良いとされます。女性の体は生理周期によって常に変化しています。生理中は美肌を保つなど女性らしい体つきを支えるエストロゲンの分泌量が減り、皮脂の過剰分泌やむくみの原因となるプロゲステロンの分泌量が増えます。
これらだけでも肌のバリア機能は低下しやすいですが、さらに肌を刺激から守る抗菌ペプチドまで少ないので生理の時は肌トラブルが起こりやすいです。カミソリで肌表面を削ったり光やレーザーを照射したりすることは肌にとっては刺激となります。
普段は肌トラブルが起こらない脱毛方法であっても、生理中に行うと赤みや痒みを引き起こす可能性がありアフターケアが複雑になるので脱毛は避けます。生理が終わって排卵日が来るまではエストロゲンの分泌量が増加するので、肌の調子も良くなります。
この期間に脱毛サロンに行くのが一番肌に優しいです。サロンの予約を入れる時は、自分の生理周期を考えながら調整します。

妊娠中は脱毛しても良いの?

妊娠中は脱毛しても良いの? 妊娠中のサロンでの脱毛は一般的に行わない方が良いと言われています。この理由としては脱毛時の痛みによる陣痛の誘発や、痛みによる刺激やストレスが母体に良い影響を与えず、万が一のトラブルに対応することが難しいためと言われています。
妊娠中は体調の変化が出やすく、特に妊娠初期は不安定なため予約自体断られる場合があります。妊娠中期以降で体調が安定したからといって施術を受けたとしても、大きいお腹で長時間同じ体勢でいなければならないので身体に負担がかかりやすくなるため、出来るだけ行わないようにしましょう。
妊婦だけどムダ毛のケアは行いたいという場合は自己処理だったら、それほど身体に負担がかからないと言われています。自己処理も電気シェーバーなど出来るだけお肌に負担がかからない方法を選び、行うときはお肌のケアを行いきちんとした方法で自己処理をするようにしましょう。サロンに通っている間に妊娠が分かった場合は、コースの有効期限をストップしてくれる所もあるため、1度相談してみると良いでしょう。